Don't worry about failure. Worry about the chances you miss when you don't even try. (Gray Matter)

【読書】格付けし合う女たち ☆☆★★★

「格付けし合う女たち」という本を読んだけど、男性としては、女性のカースト制度が学べて、面白い。カーストは、暇が生む。狭くて、ぬるい、同質な組織が温床になるらしい。なんか納得する。やはり、多様性が必要かな。この本の中で面白い箇所を抜き出してみる。

P.34

昔は結婚適齢期の「結婚しました」ハガキ、それから毎年送られてくる「家族写真」の年賀状が、無邪気に独身の人達の年明けを傷つけていましたが、今やそれがSNSによって年中なわけです。やれやれ、というところでしょう。

P.102

人並みとは、経済産業省が出している「サラリーマン」の平均年収を基に算出されるものではありません。自分の周りの、自分と同程度(と自分が信じる)女性達が、結婚している相手の平均値なのです。

P.182

バリキャリママ仲間はみな、自分の旦那のことを「夫」と呼ぶ。しかし週一通うフラダンスの仲間は違う。夫を「主人」と呼ぶ、小さな子どもを抱えた専業主婦集団です。

 

Comments are currently closed.