Don't worry about failure. Worry about the chances you miss when you don't even try. (Gray Matter)

JRの座席が進行方向と逆になっていたら…

電車の座席には,進行方向の向きに合わせて,向きを変えられるものがある.向きを変えられる座席にもかかわらず,<<全員>>が,進行方向と逆向きのまま座っているのは,異様な光景に見える.そんな異様な光景を見る事態が起きた.

 

2月21日,北海道は大雪に見舞われ,JRのダイヤが大幅に乱れた.その日は,出張帰りで,新千歳空港から自宅に向けて,快速エアポートに乗るために,JRのUシートを購入した.しかし,そのUシートのチケットの列車が運休になるほど,ダイアが乱れていた.さらに,次の(1時間前に出発しているはずの)列車に乗るために,改札前に並んでいる人の数が,300人以上がいるほどの混雑ぶり.このような状態で,異様な「逆向き座席そのまま事件」が起きた.

 

実は,通勤中でも,逆向きで乗ることがある.でも,1つの車両の全員が逆向きというのは見たことがないし,最初は逆向きに座っていても,誰かが「座席の向きを直しましょう」といえば,ドミノ倒しで向きが変わっていくものだ.しかし,今回は,車両に乗ってみると全員が逆向きに座っていて,向きを変えることもない.恐らく,逆向きに座った原因は,席に座ることを優先させた人が多いことだと思われる.他の理由としては,席の向きを変えるという行為が,他の人にも影響を与えてしまうので,他の人を動かすぐらいなら,我慢した方が良いという思考過程のようだ.

 

自分は,混雑していて座れなかったので,座席の向きについて,発言する資格もなく,そのまま立っていた.しかし,2駅過ぎたときに,2人掛けの2つの席に座っていた4人のグループが下車をしたため,そばに立っていた私は空いた席に座れることになった.そのときに,良い機会だと思い,座席の向きを変えようと「座席の向きを変えてもいいですか?」と話しかけてみた.このとき,座席の向きを変える場合には,今まで座っていた人が一度立って移動する必要がでてくる.でも,比較的,端の席だったので,ドミノ倒しをしたとしても,影響がでるのは3人となる.この程度なら,ドミノ倒しができるだろうと思ったけれど,できなかった.

 

私が発言した「座席の向きを変えてもいいですか?」には,「申し訳ありませんが,一度立ってもらえませんか?」という意味も含んでいたのだけれど,その意味は通じなかったらしく,座っている人からの回答は「問題ありません」というもので,そのまま座っていた.そのとき,「問題ありません」というので,席の向きを変えたけれど,その人は動かない.この行動には,一瞬とまどったけど,「(向かい合わせに座りたいなら,いいですよ.)問題ありません.」という意味だった.1秒ほど悩んでいると,後ろにいた私と一緒に座るおじさんが何も言わずに,少し強引に,また席の向きを元にもどした.

 

今回は,日本人が気遣うことにより,みんなで間違った方向にいくという事例を目の当たりにした気がした.もちろん,私も曖昧な発言をしていて悪いし,一人一人の気持ちも理解できるのだけど,なにか,日本の国民性の怖さを感じるのでした.

 

Comments are currently closed.