Don't worry about failure. Worry about the chances you miss when you don't even try. (Gray Matter)

大学

信じてくれたなら…と思う(東京ゼミ)

「ルパン三世 カリオストロの城」には、ルパンがクラリスに下記のような発言をする場面がある。 「その子が信じてくれたなら― ドロボーは 空を飛ぶことだって 湖の水を飲み干すことだって 出来るのに…」 今回の東京ゼミでこの言 […]

小樽商科大学附属図書館デジタルサイネージ

2014年に小樽商科大学附属図書館はリニューアルオープンしました.図書館は,以前と異なり,喋ってもよい空間となり,雰囲気も変わりました.もう少し正確に書くと,本を読んで,喋って(議論して),新しいなにかを生み出す空間を目 […]

小樽商科大学の桜(5月10日)

小樽商科大学の桜は5月に咲きます.  

はこだて未来大の見学(櫻沢研究室)

日本デジタルゲーム学会の年次大会の現地実行委員の仕事が終わり、2日目のお弁当がいくつかあまりました。 棟方さんは、はこだて未来大学のほとんどの先生を知っているようで、歩いていると、必ずどこかの先生に挨拶し、話が始まります […]

「チャンスは3秒、前準備必須」

  小樽商科大学の図書館リニューアルオープンにともない、図書館の新しいスペースの利用方法について、検討しています。特に、カウンター前にある「教育情報発信・地域連携スペース」コーナーは、どのように利用していいのか […]

MOE研究会、青木先生のリアルな肖像画

MOE研究会は、青木直史先生が主催する、謎の多い会です。なぜ、謎が多いのかというと、誰が参加するのか、当日までわからなかったり、発表内容は何でもよいと言われていたりするためです。今回も、青木先生のブログにあるように、興味 […]

図書館のデジタルサイネージの準備

株式会社SEA-NAは,商大の図書館のデジタルサイネージのコンテンツ制作にかかわっていたので, 準備をしている風景を残しておきます.1月20日の仮オープン前に夜までいそがしかった.なぜか,文字の表示後に,白いカスのような […]

人工知能学会の表紙は女性蔑視なのか

最近、人工知能学会の表紙が話題になっている。なぜ、話題になっているかというと、1月号の雑誌の表紙「掃除をする女性のアンドロイド」が女性蔑視だと言うのです。下記のサイトなどで、まとめられている。 http://togett […]

図書館改修ビフォーアフターに向けて

小樽商科大学の図書館は、改修することになりまして、12月にリニューアルオープンする予定です。そこで、株式会社SEA-NA(木村ゼミ)では、図書館改修のビフォーアフターの動画を作成しようと企んでいます。ビフォー動画の撮影の […]

小樽市職員もコミュニケーション重視

最近、知り合いのIT会社の社長が大学まできてくれた。ほとんど雑談なんだけど、まじめに言えば中小企業としての人材確保の相談をしてくれた。その社長は次のようなことを言う。「最近は、プログラミング言語も進化して、簡単に記述でき […]

Previous Posts